「婚活サロン LoveMarry」開設のきっかけ
~愛にあふれる地域のみらいへ向けて~

はじめまして。
東北エリア地域密着の結婚相談所「婚活サロンLoveMarry」代表の工藤恵之助です。

私は、2014年に司法書士事務所を開業し、
「仕事」と地域のための「社会活動」は両輪であると考え「社会貢献」を軸に、仕事はもちろんのこと様々な活動を行っております。

多くの方の笑顔と出会いたいのです。

司法書士業務を通して、地元の経営者など多くの方と接する機会があります。

会話の中で「出会いが無く、結婚ができない」とか「跡継ぎがいるんだけど、結婚はしていない」といった声を聞くことがありました。

そうですよね、一生懸命仕事に励んでおられるわけですから。

しかし、このままだと10年後、30年後には、
この地域を支える多くの企業や農家が、無くなってしまうのではないか
という危機感を感じておりました。

そのような中、人口減少や少子高齢化、大都市一極集中などの社会課題の課題解決に寄与すべく、2019年、社業以外にも様々な活動や事業をしておりました。

活動を通して、婚活業界のリーディングカンパニーで東証一部上場企業の「株式会社IBJ 日本結婚相談所連盟」の役員の方と出会いました。

「婚活が日本を救う」とのタイトルでのお話。私はとても感銘を受けました。

さらに、「婚活のニーズが高まっていて、10人に1人は婚活で結婚している。『IBJ』は『きっかけ作り』と『交際をサポート』している」という話を聞き、婚活業界に興味を持つに至ったのです。

自分の住む地域の未来を変える力になれるかもしれない」「多く方を笑顔にしたい」という思いから
地域課題を解決する持続的なアクションとして婚活サロンLoveMarryを立ち上げることを決意しました。

そこからさらに時代が進んだ今現在、
結婚した方の8人に1人は、婚活サービスを利用していると言われています。

より良い学校に進学したい受験生が塾に通うように、パソコンを覚えたい人がパソコン教室に通うように、介護が必要な方が介護施設を利用するように、
結婚したい方が、婚活サービスを利用するのは当たり前な社会になってきているのです。

自らの課題を効率よく解決するために、プロに身を委ねると言うのは当たり前のことです。

そこで私は、経営を通して、成婚のプロであるカウンセラーが成婚業務に集中できる環境を整えながら、
愛にあふれる地域のみらいへ向けて、挑戦してきたいと考えております。

愛にあふれる”結婚”を、カタチに。

婚活サロン LoveMarry 代表 工藤恵之助